忙しい人のRuby on Rails 5.0

( ´_ゝ`)ノシ

yoshitiaです。

スタートアップテクノロジーさん主催のRuby on Railsもくもく会

(直近の会は定員枠全部埋まる盛況でした。)

に参加して

Ruby on Railsチュートリアル

少しずつ消化しています。

startup-technology.connpass.com

Railsチュートリアル

しっかりしたやり方を覚えるには凄く素晴らしいのですが

プログラミングはじめての人だと結構詰むので

一通りコピペしたらその日で軽く動くところまでは

行く程度の内容を並べてみます。

 

環境構築について

この記事ではCloud9のみで記述しています。

Cloud9でなければRuby on Railsが出来ないわけではありませんが

環境構築の経験がないと厳しいです。

Cloud9の利用が難しい場合は近所で開催されているIT系の勉強会か

詳しい人に手伝ってもらってください。

 

プログラミングで最初にぶち当たる壁はプログラムやアプリケーションを

作れるようにコンピュータをセッティングする環境構築です。

とにかくプログラミングを体験してみたいけど環境構築が難しいという話であれば

OS選ばないのならJavaScript

Windowsならコマンドプロンプトからのbatファイル作成・Excel VBA

MacLinuxであればシェルスクリプト

これらから始めるのはアリだと思います。

参考リンク: Cloud9入門(ドットインストール)

https://dotinstall.com/lessons/basic_c9

 

環境構築

railstutorial.jp

Cloud9。以上。

(登録に要クレジットカード。この記事の範囲内の使い方なら料金は発生しない)

リンク先の1.2.1から1.2.2まで完了できれば最低限の準備が整います。

$ gem install rails -v 5.0.3

時々こんな感じで$マークの後にgemやらrailsやら書いてある説明があった場合は

Cloud9のワークスペース画面下にあるbashと書いてる辺りに

$マークの表示があるところがあるのでそこに$から後ろの文字を入力して

Enter押して下さい。って意味になります。

ディレクトリとファイルのリストはCloud9のworkspace画面の左側に表示されているのでその中のファイルをダブルクリックするとファイルの中身が表示されます。

ファイルの中身はメモ帳などと同じように入力が可能です。

Ctrl+Sで保存もできます。

最初のRailsアプリ

環境構築が出来たら早速Railsアプリの作成になります。

railsguides.jp

Railsガイドの

3.2 ブログアプリケーションを作成する

ここから読み進めつつやっていけばokです。

railsを動かしてみる場合は

Railsガイドで $ rails new blog している場合、

$ cd ~/workspace/blog

を入力してEnter

$ rails server -b $IP -p $PORT

 を入力してEnterをした後に

Cloud9の画面上部にあるPreviewをクリック、

Preview running Applicationをクリック。

成功するとrailsアプリの動いている画面が確認できます。

 止めるには rails server~を入力した部分をクリックした後に

Ctrl+Cです。

ここまで一通りできればrails newから始めるタイプの参考書の内容は

大体始められると思います。

 

では良いRailsライフを。

その他: 説明していない事

この記事では最低限の事しか書いていませんが

他にも覚えることはあるので検索のヒントになる単語だけ置いておきます。

Gemfile

Gemfile.lock

bundle install

bundle update

git コマンド

git config --global

git init

git add -A

git commit -m

git remote add

git remoto set-url

github

ssh key

公開鍵

秘密鍵

git branch -b

git checkout

git checkout -f

git push

git pull

heroku

heroku toolbelt

デプロイ

basic認証